新聞縦読みメッセージを結婚新聞でもやってみた

スポンサーリンク


「あなたの新聞」では、型にはまらない新聞の作り方にも常にチャレンジしています。

依頼者が「ぜひこうしてほしい」というアイデアを持っていれば、形になるよう全力で対応する。

これが、テンプレートの新聞では実現できない当サイトの強みであるサービスでしょう。

スポーツイベントなどで見かける「縦読みメッセージ」

今回の依頼では、依頼者から「新聞の縦読みメッセージを取り入れたい」という希望がありました。

スポーツイベントの大一番や、節目などでは新聞のテレビ欄を縦読みすると、まれに隠されたメッセージが出てくるという面白い仕掛けです。

行の先頭にそれぞれ言いたいメッセージを持ってくるのはかなり大変だと思いますし、本来伝えたいメッセージを崩してまで作ったら本末転倒ですしね。

依頼者から渾身の力作

依頼者は今回の新聞製作のために、わざわざ字数をそろえた渾身の力作をメールで送ってくれました。

製作者である私としても、この熱いメッセージを無駄にしないようにちゃんとしたものを作らなければと気が引き締まる思いでした。

以下が掲載される作品です。

縦読みテレビ欄の結婚新聞バージョン

縦読みテレビ欄の結婚新聞バージョン(一部画像処理)

見事に新聞の縦読みになっています。いやあ、正直よく考えたなあと思わず独りごち。

スポンサーリンク

また、結婚披露宴にかけるお二人の情熱もひしひしと伝わってきますよね。

何より、このようなアイデアは、日々新聞を作っている我々でも思い浮かばないというか、発想にハッとさせられます。

新聞を作る側からしてもこのような提案は大歓迎ですし、ぜひ実現させたいなあと思っています。力作をありがとうございました。

「こうしたい」に応える新聞作りを実現

結婚新聞は作る側と依頼者側、両方の思いが紙面に反映される場であるべきだと私は考えております。

依頼者の「こうしたい!」に最大限応えるのが製作者の役割ですし、製作者としても自分なりのカラーを前面的に出して楽しみながら作りたい。

お互いは両輪のような存在であり、欠けては成立しないものだと思います。

結婚新聞でネット検索をかけると、巷で出回っているのはテンプレート形式で写真と記事を当てはめるだけの新聞が大きな顔をして出回っています。

人生は十人十色。いろいろな出会いのストーリーがあるのに、それが反映されずにテンプレートで形だけ取り繕うように「新聞」の顔をしている。

新聞作りに十数年携わってきた者として、これでいいのかなあという思いは常に持っています。

当サイトは取材からレイアウトまで完全オリジナルの新聞作りをする、業界でも例がないチャレンジをしようとしています。

一緒にアイデアを出しながら、最高のクオリティーを誇る世界にひとつだけの新聞を作りたい。そう思っている方はぜひ当サイトのお問い合わせからご連絡ください。

スポンサーリンク


縦読みテレビ欄の結婚新聞バージョン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

新聞社の記者をしています。仲間との起業を夢見て、これまでに学んできたノウハウを記しておきます。現在、主に結婚新聞や企業・団体向けの広報紙を制作していますが「こんな紙面をつくってほしい」とのご要望にも随時お応えしています。