スポンサーリンク


雑誌「Number」や「an・an」の表紙って目を引きますよね。被写体を表紙いっぱいにつかったダイナミックさとスタイリッシュさを感じさせますが、たまに題字(ロゴ)が被写体とかぶって下になっていることがあります。被写体は画像なので背景との間に文字を挟むことなどできないはず…と思う方もいるでしょうが、実はイラストレーターとフォトショップを使えばできます。この技はスポーツ紙でも頻繁に使われ、私が作る結婚新聞でも度々登場しますので紹介します。

使用している主な技術
  • 【Photoshop】ペンツール、パスの選択、選択範囲
  • 【Illustrator】配置(必要に応じてクリッピングパス)

元画像、文字、切り抜いた3層レイヤーを寸分の狂いなく重ねる

そもそも、画像と背景の間にどうして文字を挟み込むことができるのでしょうか。
このカラクリは下から①元画像、②文字、③切り抜いた画像の順番にレイヤーを重ねているからです。
元画像に切り抜いた画像を寸分の狂いなくぴったり重ね合わせることで、被写体は何も手を加えていないように見えつつ、文字を挿入できるのです。

切り抜いた画像と元画像の間に差し込みたい画像を入れる

ただし、ここで課題が1つ浮上します。切り抜いた画像をぴったり重ね合せるにはどうするか、ということです。
画像を配置する方法は人によっていろいろあるでしょうが、私が習った方法は「配置」でした。

元写真をコピー、背面ペーストして2枚の画像を作る

まず、土台となる元写真を配置します。
続いて、元写真をクリックでつかんだらコピー(⌘+C)します。
ここから背面にペースト(⌘+B)を選んで貼り付けましょう。
この時点で見た目は変わりませんが「元写真」のレイヤーに同じ画像が2枚重なっていることになります。

配置を押す前にオプションを選択しよう

続いて、元画像には触れずに「ファイル→配置」を選択。何も触れていなければ、画像はつかんだままになっているはず。
配置したい切り抜いた画像を選んで配置…といきたいところですがストップ!
ここで配置を選ぶと切り抜き画像は元画像とシンクロしてくれませんし、サイズも全然違う形で配置されてしまいます。

「配置」を使って画像を「置換」する

重要なのはコピーした元画像と切り抜いた画像を置き換えるという作業です。
配置ボタンと同じ高さで、左端にある「オプション」をクリックすると、チェックボックス付きの選択欄が登場します。
ここで「リンク」と「置換」にチェックを入れて配置すると、コピーした1枚の元画像と切り抜き画像が交換される形で置き換えられます。
重ねた切り抜き画像は、新しく作った上位レイヤー(ここでは「重ね写真」と名付けている)に移動させましょう。

スポンサーリンク

オプションを選択後、リンクと置き換えにチェックをつけてから配置する

オプションを選択後、リンクと置き換えにチェックをつけてから配置する

とはいえ、画像がシンクロしているということは、見た目にはまだなんの変化もないはず。
変化を実感するには、元写真と重ね写真の間に画像や文字を入れる必要があります。
そこで、元写真と重ね写真レイヤーの間に「間の写真」レイヤーを作りました。
間の写真レイヤーに他の切り抜いた画像を挿し込むと…ハイ!写真がぴったり重なりつつ、被写体と背景の間に画像を差し込むことができました。

はみ出た部分はクリッピングパスでカット

元画像と切り抜き画像の間に画像をはさんでみた

元画像と切り抜き画像の間に画像をはさんでみた…が、切り抜き画像がはみ出ている

おや、重ねた切り抜き画像は腕の部分がはみ出してしまいましたね。
元画像は最初にA3に収まるようにクリッピングパスでトリミングしてありましたが、切り抜き画像は全て生かして切り抜いているので残ってしまいました。
そこで、切り抜いた画像も枠内に収まるようクリッピングパスをかけておきましょう。

今回は、切り抜き画像のレイヤーを選択して、A3の枠に合わせて長方形ツールでオブジェクトを作ります。
2つのオブジェクトを選択したらクリッピングマスク作成(⌘+7)を選択。
これで腕や頭がはみ出ることなくスッキリしました。

他の画像はレイヤーロックをかけておこう

切り抜き画像の選択時は元画像や差し込んだ画像を誤って触りがちなので、レイヤーロックをかけた上で作業をしましょう。

切り抜き画像にクリッピングパスをかけて、はみ出た部分をカットした

切り抜き画像にクリッピングパスをかけて、はみ出た部分をカットした

Numberやan・anはこの技術を使って被写体と背景の間に題字を置いていたのです。
これができると、イラレやフォトショでやりたいことの幅がぐっと広まりますよ!

被写体の後ろに文字や画像を入れる場合、個人的には画像があまりにも大きく隠れてしまうと、いかにも「技術をつかっています感」が出すぎてしまい好きではありません。
ちょっと隠れるくらいが理想的ではないでしょうか。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

新聞社の記者をしています。仲間との起業を夢見て、これまでに学んできたノウハウを記しておきます。現在、主に結婚新聞や企業・団体向けの広報紙を制作していますが「こんな紙面をつくってほしい」とのご要望にも随時お応えしています。