スポンサーリンク


画像やサイトを作るならIllustratorやPhotoshop、Dreamweaverといった編集ソフトは定番中の定番です。私も、一般向けの新聞制作に上記のソフトを利用しています。ただ、初心者が手を出すには敷居が高い値段であると考えている方はとても多いのではないかと思われます。

今回は、そんなAdobe社によるアプリケーションを個人が最も安く手にいれる方法は何かを、ユーザーの視点から検証したいと思います。結論から申し上げますと、CreativeCloudを買うならタイミングにもよりますがAmazon、ヒューマンの通信講座、デジハリを利用するのが最もお得だと、私は確信しています。

Creative Cloudが一番高いのはAdobe公式

費用対効果でおすすめなのはフォトグラフィプラン

まず、Adobe社のホームページを訪ねると、4つのプランが書いてあり、すべて月額価格(カッコ内は年一括価格)です。

  • フォトグラフィプランが980円(11760円)
  • 単体プラン2180円
  • コンプリートプラン※4980円(59760円)
  • コンプリートプラン+Adobe Stockプラン8460円

この中から費用を考えた上で使いたいプランを選べ、と言われたら私は正直フォトグラフィプランしか選びません。

なぜかと言われたら、他のプランは費用対効果が低いと思われます。

photoshopは使い方に慣れると絵も描けますから、突き詰めて言えばIllustratorは必要ないという方もいます(極論だということは承知の上です)。IllustratorにできないことがPhotoshopにはできるので、私はPhtoshop推しです。

ただ、イラレにしかできないこと、フォトショにしかできないことは確実に存在します。イラレとフォトショの最大の違いは「ベクター」と「ラスター」の違いにあります。

(2017年5月16日追記)

フォトショとイラレの違いについては、以下の記事で解説しています。

【Illustrator・Photoshop】ベクターとラスターの違い

2017.03.23

今までの記事を読んだ上で、「単体プランでPhtoshopを使おう」と思う方はいないでしょう(笑)。Illustratorのみ、Dreamweaverのみを使いたくても、月に2000円以上かかると思うとコスト的に高いですよね。

コンプリートプランは年契約で月5000円!?

3番目のコンプリートプラン。Adobe社が提供している全てのアプリケーションが月に約5000円かかり、年間6万円と考えるとなんだか高いですね。かといって、全てのアプリケーションを使いこなせる方はかなり少ないのではないでしょうか。

イラスト系はIllustratorやPhotoshopくらいしか興味がないでしょうし、サイトを作る方もイラレ+フォトショにDreamweaverを足したくらい(まさに私のようなケース)しか必要ではないでしょう。Dreamweaverが使える方は、Museを使う理由なんてありませんしね。

adobecc1

コンプリート版で使えるソフトの数々。ただ、全て使いこなせる方はいないでしょう

超高額なAdobe Stockを使うなら無料のpixabay

コンプリートプラン+Adobe Stockプランは、画像10点を無料で使えるのが売りと言いますが、無料で高画質の写真が使えるpixabayの方がずっと有用的なので、Adobe Stockは絶対必要ないと言い切れます。

フォトショ初心者ならPhotoshop Elementsで十分

以上の点を踏まえると、汎用性の高いPhotoshopを使えるのが一番有効だと思えます。しかし、初心者であれば、機能を抑えたphotoshop Elements(以下、Elements)で十分なのではないかとも思えます。1年分の価格で、アプリケーションを自分のものにできますからね。

Adobeの公式によると、PhotoshopにできてElementsにできないのは、主に3D画像編集や合成、HDR画像編集といった高度な技術です。ワンステップで青空を鮮明にしたり、写真の最適な露出を補正したりできるのは、むしろElementsの方がやりやすいといえるでしょう。

Adobe Creative Cloudをアカデミック版で買う

なんとか安く利用はできないだろうかと考えた末、行きついた答えは社会人でも「学生」になるという手があります。

学生や教職員向けならば、アカデミック版が通常価格の半額以下で手にいれることができるのでおすすめです。一部機能に制限がかありますが、ほとんど通常仕様と変わりません。社会人の私も1年間アカデミック版を利用したことがあるので、その恩恵を身をもって体験できました。

学生・教職員個人版 Adobe Creative Cloud コンプリート 12か月版 Windows/Mac対応 [オンラインコード]

新品価格
¥18,960から
(2016/3/13 01:43時点)

 

では、どうやって社会人は「学生」になれば良いのでしょうか。これは、「学校」に入れば良いのです。具体的には、デジタルハリウッド(デジハリ)やヒューマンの通信講座を受けるなど、Adobe社と提携しているスクールの生徒になるのが近道です。

いろいろ調べた結果、通信講座に付帯するCreative Cloudアカデミック版の1年間の最安価格を以下にまとめてみました。(2018年12月現在、キャンペーン価格含む)

  • アドバンスクール…29800円(税抜、8%上乗せで32184、3年間で99800円コースもあるが時期によっては88800円になることもある)

私が最初に選んだのはアドバンスクール。教材つきだったのが大きかったですが、使ってみた実感として教材は初歩的なことしか書かれていませんでしたので、正直役には立ちませんでした。

もちろん、在校、卒業生向けにMacやペンタブレットなどが安く買える(3〜5%程度安くなる)というメリットもあるので入学しても無駄ではありませんが、現時点で選ぶならデジハリかな、と思います。

デジハリは税込で29800円ですので、アドバンスクールよりも消費税分安くなります。もともと30980円に設定されていたのですが、期間限定で値下げしたところ好評だったため、29800円のまま据え置きされました。

アドバンスクールと同様、在校生価格で周辺機器が買えますし、3ヶ月の基礎講座付きです。支払いさえすれば、メールでコードが届けられるので、すぐに始めたい方にはぴったりです。総合力でいえば、常時安いデジハリがナンバーワンかもしれません。

通信講座ならヒューマンの29800円が最安

(2018年12月5日追記)

安くクリエイティブクラウドを購入するのに、私がおすすめしたいスクールはヒューマンの通信講座です。

  • ヒューマンのアドビクリエイティブクラウド通信講座(オンライントレーニング1カ月コース)…29800円(税込、キャンペーン価格)

2018年11月現在、キャンペーン価格として46000円が29800円(税込)で購入できました。キャンペーン価格と書いてありますが、実はキャンペーンは毎月のように展開しています。月末になると「セール」が終わり、月の初旬は価格が46000円程度まで跳ね上がるのですが、しばらく様子を見ると再び29800円に下がります。特典付き通信講座の最安価格は、デジハリと並んで最安になります。

クリエイティブクラウドをヒューマンの通信講座で申し込む

ヒューマンのアドビクリエイティブクラウド通信講座を利用してを29800円で申し込んだ際に送られてきたメールの一部

一度学校に入れば、会員証が有効期限を迎えるまで「生徒」扱いですので、Amazonでアカデミックのコンプリート版を買うというのも手ですね。19,000円なら通常の3分の1以下の値段です。クリエイティブクラウドの期限は切れても「生徒」の有効期限は切れていなければ「学生」に変わりはありませんから、これを目当てに「学生」になるのも手です。

【オススメ!】A8.netのセルフバック経由で申し込めば、さらに1500円還元

通信講座の最安値を利用すれば、クリエイティブクラウドを半額を切る価格で利用できることがわかりました。しかし、同じ29800円のデジハリより、なぜヒューマンの通信講座をおすすめするのかと思った方もいるでしょう。その秘密は、A8.netのセルフバック機能を利用することです。

A8.netのセルフバックでヒューマン通信講座に申し込む

A8.netのセルフバックを経由してヒューマンの通信講座を利用すれば利用料金の5%が還元される

日本最大級のアフィリエイトサイト「A8.net」に登録をして、セルフバック(自己アフィリエイト)でヒューマンの通信講座を利用すると、講座受講料の5%が還元されます。29800円の5%ですから1490円、約1500円安い28300円で1年間クリエイティブクラウドを利用できるのです。

ユーザー
ちょっと待った!アフィリエイトサイトはブログなどに広告を貼り付けないと利用できないでしょ?自分はブログを持っていないから利用できないのでは…

そのご指摘はもっともですが、A8.netで利用するのはセルフバック機能のみです。セルフバックはブログを持っていなくても利用できるので、問題ありません。最後に改めて

  • アドバンスクール…32184円(税込
  • デジハリ…29800円(税込)
  • ヒューマン…28300円(税込、A8.netに登録してセルフバック報酬を差し引く)

A8.netへの登録は少々面倒ではありますが、毎年少しでも安くクリエイティブクラウドを利用できるだけでなく、さまざまな商品を自己アフィリエイトすることで、今までよりもお得に利用することができますので、登録をしておいて損はないでしょう。もちろん入会は無料ですし、ほぼ100%審査も通過できます。

A8.netには下の画像リンクから飛ぶことができます。



下で紹介するAdobeクーポンはこれをしのぐ安さですが、情報が2015年時点で止まっておりやや不確実なため、確実に安く手に入れるにはこちらが有力でしょう。

Adobe関連の参考書を買うとAmazonからクーポンが配布される

合法的にアカデミック版を手にいれるなら、上記のように通信講座を利用するのがてっとり早いですが、それでも導入には3万円ほどかかります。しかも、中級者以上なら付属のテキストなどほとんど役に立ちません。そのテキスト代さえもったいなく感じるものです。

ただ、私は現在、アカデミック版ではなく通常版のコンプリートを通信講座の価格より安く利用しています。なぜ、それが可能なのでしょうか。そこが、このページを訪れた方の最大の関心事でしょう。

スポンサーリンク

※情報は2015年12月から1年間利用した時の体験を元に書いています。2016年12月以降から1年間は、A8.netのセルフバックを経由してヒューマンの通信講座を利用しています。
adobecc2

adobe ccコンプリートを35000円割引で買える方法がありました

その条件とは、AmazonでphtoshopやIllustrator、Webサイト作成などAdobe関連の本を購入することです。

私はWebサイトの基礎が学べる本をAmazonで購入したのち、クーポンがやってきました。なんと、Adobe Creative Cloudが60%オフで買えるというものでした。ちなみに、私が買ったのは以下の本です。

全ての関連書籍が対象となるわけでもなさそうですし、キャンペーンが毎年のように発生しているかはまだ確認ができていません。

通販で教育講座に入るのがめんどくさいし、少し高いなと感じる方は、こちらのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。機能制限のないフルコンプリートが35,000円割引で購入することができますし、しかも自分が重点的に学びたい本も購入できるので、こんなにお得なことはありませんね。この他にも、Amazonでは年に数回はコンプリート版が40%割引になるチャンスもあるので、機会を待って利用するのも有効な手です。

Amazon経由なら割引や対象商品のクーポンが充実

冒頭でアドビ製品を買うならAmazon経由が一番お得になると言ったのは、割引や対象商品の割引クーポンが充実しているからなのです。常にキャンペーンが実施されているとは限りませんが、他のサービスと平行して利用してみてはいかがでしょうか。

(2017年1月7日追記)

上記の本を購入したにもかかわらず、クーポンがもらえないというご意見をいただきました。私の経験では、対象となるクーポンはすぐもらえるというわけではなく、Amazon(またはAdobe?)が定期的に行っている割引キャンペーンに合わせてクーポンが配信されるようです。

Amazonからはメールで「本を購入した方にお届けしています」との旨でクーポンが届きました。この割引サービスを利用したのは2015年夏でしたので、16年以降もこのキャンペーンを展開しているのかは確認できてはいませんが、ご参考になれば幸いです。

(2017年5月16日追記)

正規版イラレ+フォトショがアマゾンで3万円で販売

アマゾンから送られてきたメールに、IllustratorやPhotoshopの安売り情報(オンラインコード版)が掲載されていました。

アマゾンから送られてきたアドビ製品割引のお知らせ

アマゾンから送られてきたセールスレター。IllustratorやPhotoshopが割引価格となって販売されている

セールスレターによると、単体の1年契約では割高とされていたイラレとフォトショが10800円引き(41%オフ)の15360円です。イラレとフォトショだけ使いたいユーザーなら、これだけ購入すれば合計で30720円。通信講座を利用してアカデミック版を購入せずに正規版を堂々と使えます。

このように、アマゾンから定期的に送られてくるメールでお得な情報を発見できるケースもあります。活用しない手はありませんよね。

2017年6月30日までの期間限定!クーポンコード入力でさらに安く(現在は終了)

(2017年6月28日追記)

このページを見ていただいた方に朗報です。アマゾンがクリエイティブクラウド対象製品のクーポンコードを発行しました。期間は2017年6月30日23:59分までとのこと(現在は終了しています)。

クーポンコード:ADBCPN5POFF6(現在は終了しています)

上記のクーポンコードを入力すると、表示金額からさらに20%オフとなります。アカデミック版ではなく正規版なのでかなりお得です!

この他にも24カ月版(2年分)なども同様に20%オフとなります。

上記のリンクから会計へ進み、お支払い方法まで選択すると、クーポンコードの入力画面まで進むことができます。以下の画像はイラレとフォトショの12カ月版の価格(26160円)に20%オフのクーポンを利用した時の金額です。割引が適用されて約2万1000円となりました。なんと5000円も割引されるのです!

アマゾンの支払い画面で上記のクーポンコードを入力すると、表示金額からさらに20%オフ

アマゾンの支払い画面で上記のクーポンコードを入力すると、表示金額からさらに20%オフ(2017年6月30日までの期間限定)。画像のアマゾンギフト券は個人のものなので、クーポン割引とは関係ありません。

クーポンは何度でも利用可能

アマゾンの説明によると、クーポンコードはキャンペーン中なら何度でも利用できるそうです。注意したいのは、オンラインコード版でなければ、クーポンの割引は適用されないということ。在庫限りのセールだそうなので、お買い求めはお早めに!

アマゾンプライムデーでイラレやフォトショは安くなるの?

(追記:2017年7月12日)

少しでも安くイラレやフォトショを購入したい方がこのページをご覧になっていると思うのですが、そのような方なら一度はピンとひらめいたことがあるでしょう。

「イラレやフォトショを購入するのにアマゾンが一番お得なら、プライムデーはもっと安くなるんじゃないの?」

ええ、私も同じことを考えました。そこで、つい先日までプライムデー(2017年7月10〜11日)だったので、調べてみました。以下がその時の画像です。

アマゾンプライムデーにおけるイラレとフォトショの値段

アマゾンプライムデーにおけるイラレとフォトショの値段

「PRIME DAY タイムセール」などと水色で飾られた文字が目を引きます。価格はなんと「半額」の1万3000円!安いので思わずポチッと押してしまいそうですが、焦らないで!この値段なら、先に紹介した「クーポンコード」を利用した値段の方が安いのです。20%クーポンを使えたら1万500円くらいで購入できますから、プライムデーよりもクーポンが利用できるタイミングで購入したほうがお得なのです。

アマゾンは正規料金に戻ったと思ったら、急に半額でしかもクーポンも利用できるようになるなど、購入するタイミングの見極めが非常に重要となりそうです。

アマゾン・サイバーマンデーにおけるイラレ・フォトショのセール価格

アマゾンのサイバーマンデーではAdobe製品はどれほど安くなるのでしょうか。

年に一度となるアマゾンのサイバーマンデーセール。2017年は12月8〜11日まで開催していますが、プライムデーに続いてサイバーマンデーでもアドビ製品がどれほど安くなるのか気になりますよね。

2017年のサイバーマンデーでは、プライム会員を対象にアドビ製品が20%オフになる取り組みをしています。

アドビ・クリエイティブクラウドが、サイバーマンデーではプライム会員だけ20%オフになる

アドビ・クリエイティブクラウドが、サイバーマンデーではプライム会員だけ20%オフになる(アマゾン公式ページより)

例えば、コンプリード版の場合、プライム会員なら定価の59760円から20%(11952円)割り引かれて47808円になります。フォトプランだと1万円を切る9408円とお得です。教職員版の利用に抵抗がある方は、プライム会員を無料体験登録をした上で購入するとよいでしょう。11日までとなりますので、購入はお早めに。

アマゾンプライム30日間無料体験はこちら

イラレ+フォトショがアマゾンで1万円(40%)引き

(追記:2018年2月16日)

アマゾンのサイバーマンデーでは通常盤が20%引きでしたが、今ならアマゾンでイラストレーターとフォトショップが1万円引きの15360円で販売されています。これは40%超も安くなっていて、非常にお得です。

イラストレーター12ヶ月版が今ならアマゾンで10800円引き

イラストレーター12ヶ月版が今ならアマゾンで10800円引き(アマゾンの画像です)

イラストレーター+フォトショップの12ヶ月版は29822円です。22498円(43%オフ)となっています。

イラレ+フォトショのセットは22500円引きの29822円(43%オフ)

イラレ+フォトショのセットは22500円引きの29822円(43%オフ)

一方、コンプリート版はもっと安くなっているのかと思いきや、12000円引きの4万7000円。こちらはやや期待はずれですね。これならイラレとフォトショのセットを買ったほうがお得感は強いでしょう。

Adobeccは12000円引きの4万7000円

Adobeccは12000円引きの4万7000円

イラレやフォトショはたまに見るとすごく安くなっているタイミングがありますので、時期を逃さず購入しましょう。

スポンサーリンク


adobe cc3

2 件のコメント

    • この度は、当サイトを参考にしていただきありがとうございました。紹介した本を購入したにもかかわらず、クーポンがついて来ないという旨ですが、ご不快にさせてしまい申しわけございません。
      私の場合は、記憶をたどると本をAmazonで2015年4月に購入してから、同年夏ごろにAmazonからクーポン付きメールが届きました。クーポンが発行されるタイミングはわかりませんが、本の購入後にすぐ発行されるというわけではなさそうです。
      また、投稿記事の最後にも「常にキャンペーンが実施されているとは限らない」とも書かせていただいております。あくまで私の体験ということもあり不確実な部分もあり恐縮ですが、ご参考にしていただけたら幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    新聞社の記者をしています。仲間との起業を夢見て、これまでに学んできたノウハウを記しておきます。現在、主に結婚新聞や企業・団体向けの広報紙を制作していますが「こんな紙面をつくってほしい」とのご要望にも随時お応えしています。