photoshopのグラデーションで寒々しい写真に

スポンサーリンク


結婚新聞制作サイト「BANANABOAT」のphotoshop講座をご覧いただきありがとうございます。今回のテーマは、写真を「寒々しい印象」にするための加工についてご紹介したいと思います。以前は暖かみのある写真にするにはどうすれば良いかについて書きましたが、その逆バージョンになります。結婚新聞写真にはあまり適さないかもしれませんが、何かのお役に立てれば幸いです(笑)

ベースとなる写真は、暖かみのある写真加工の時に使った素材と同じものを使用します。フリー素材を取得できるpixabayからお借りしています。

warm1

ベースとなる写真

色相・彩度で寒色系の色合いに

まず、写真を寒色系の色合いに調整してみましょう。色合いの調整は、「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「色相・彩度」で値を変更します。

cool2

レイヤー→新規調整レイヤー→色相・彩度を選択

色相は30~40、彩度は-10程度に

写真素材にもよるのでしょうが、寒色系の色合いを出すには色相を30〜40くらいに設定するのが良さそうです。私は30に設定してみました。さらに、彩度も若干下げると(-10くらい)、色が少し灰色に近づいて寂しい感じに近づきます。

cool3

色相・彩度を変更して寒色系にする

グラデーションで寒色を足す

写真の色相・彩度を変更したら、次はグラデーションレイヤーを作成して寒色を足しましょう。

中心円以外の部分に青色グラデーションをかける

グラデーションレイヤーの作り方は「レイヤー」→「新規塗りつぶしレイヤー」を選択します。描画色は青色(R:65 G:102 B:175)に設定。「グラデーション:」は「描画色から透明に」、グラデーションスタイルは「円形」、「逆方向」にチェックを入れて、中心円以外の部分にグラデーションがかかるようにします。

スポンサーリンク

cool4

描画色を青に設定する

グラデーションのかかり過ぎを抑える

グラデーションがかりましたが、このままでは色がかかる部分が大きいため、かかりを抑えます。「グラデーション:」をクリックすると、グラデーションの分岐を調節するスライダーが出てきますので、右側のカラー分岐点の位置を「50%」になるまで移動します。これで、色がかかる部分が少し外に出ました。

cool5

グラデーションレイヤーを追加する

cool6

グラデーションを逆方向に設定

不透明度を下げて青みを抑える

最後にグラデーションレイヤーの不透明度を下げて完成です。レイヤーチャンネルから不透明度のスライダーを20%くらいまで下げてみてください。青色が薄まり、画像に馴染みましたね。

cool9

寒々しさを出した時の加工画像

ちなみに、暖色を足した時の画像も載せてみましょう。かなり印象が違いますね。みなさんもphotoshopで試してみてください。

warm17

完成した画像

warm20

photoshop elementsが4800円以上安くなるキャンペーンを展開中

現在、Amazonで2016年3月31日まで、「Adobe Elements 14」シリーズがAdobeストア参考価格より25%以上オフのキャンペーンを展開しています。通常価格は14,901円が、今なら10,081円で手に入れることができます。このチャンスを逃すことなく手に入れておきましょう。

スポンサーリンク


cool9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

新聞社の記者をしています。仲間との起業を夢見て、これまでに学んできたノウハウを記しておきます。現在、主に結婚新聞や企業・団体向けの広報紙を制作していますが「こんな紙面をつくってほしい」とのご要望にも随時お応えしています。