photoshopでレトロ調に写真加工(後編)

スポンサーリンク


Photoshopをビンテージ風の写真に見せるための加工の後編に移ります。

前編のおさらい(詳しくはこちらを参照)

色彩・彩度を変更

元写真のレイヤーを複製し、セピア調に見せるため上のレイヤーに対して色相・彩度を変化させます。上レイヤーの不透明度を下げて、2つの画像を程よく合成させましょう。

白で塗りつぶしたレイヤーにノイズを加える

さらに新規レイヤーを一番上に作成し、白色で塗りつぶします。レイヤーマスクサムネールを選択した状態からノイズを加え、レイヤーパネルで描画モードを「ソフトライト」にすれば、程よくノイズが入った画像が完成しました。

retro13

レトロの色彩補正とノイズが合成された状態の画像

色あせたトーンを再現させる

トーンカーブをくいっと持ち上げる

ノイズ入りの画像は完成しましたが、まだこれでは写真の色あせた風合いが出ていませんよね。そこで、トーンカーブを使ってもっと全体をの色を浅くしましょう。

レイヤーパネルから「新規調整レイヤー」→「トーンカーブ」を選択します。

retro14

新規調整レイヤーからトーンカーブを選択

トーンカーブの調整
色あせたトーンを再現させるコツはトーンカーブの線の真ん中あたりを少しだけくいっと持ち上げるのが有効です。

retro17

トーンカーブは真ん中を少しだけ持ち上げる

retro18

画像の色が浅くなりました

べた塗りーレイヤーをコピー、一番上に持ってくる

前編で作った「べた塗りレイヤー」を選択してレイヤーを複製。「べた塗り1のコピー」レイヤーが出来上がるので、これを一番上までもってきます。

retro19

べた塗りレイヤーを複製

retro20

べた塗りコピーを作った直後の状態

retro21

べた塗りコピーを一番上までもってゆきます

べた塗りコピーのレイヤーをベージュにする

一番上に持ってきた「べた塗り1のコピー」の左側にある「レイヤーサムネール」をダブルクリック。カラーの選択画面が出てくるので「R:195」「G:160」「B:110」と情報を入力してベージュ色にします。

retro23

ベージュ色になるための情報を入力します

retro24

べた塗りコピーをベージュにした直後

このままでは、ベージュ色が強すぎるので、ベージュのべた塗りコピーレイヤーの不透明度を20%まで下げてみます。

retro25

ベージュ色のべた塗りレイヤーの不透明度を20%まで下げます

retro26

塗りつぶし色の不透明度を20%まで下げた状態

不透明度を20%まで下げた状態です。ベージュが薄まってよりノスタルジックな感じになったと思います。

スポンサーリンク

紙焼き写真風にして年月の経過を表現します

ソフト円ブラシを選択、硬さは控えめに

上の画像でも十分完成状態なのですが、よりビンテージ感を出すために紙焼き風の写真に仕上げます。

レイヤーパネルから新規レイヤーを作成し、描画色を黒色にします。ブラシツールを選択し、ブラシをソフト円ブラシにしましょう。ブラシの直径は作成する画像の大きさにもよりますが、大きめに設定したほうが良いと思います。今回は600pxにして、硬さは柔らかい10%にします。

retro27

ブラシのプリセットを変更します。ソフト円ブラシを選択しました

retro28

ブラシの直径と硬さを選択

縁をかすらせるように塗る

今度はブラシで画像の縁を塗りましょう。といっても、ブラシの中心から塗りたくる…という感じではなく、縁をかすらせるように塗るのがコツだと思います。

retro29

描画色を黒に設定したレイヤーの縁を黒く塗りましょう

上の画像ではちょっと塗りすぎたかな…という気もしないではないですが、このままいきましょう。続いて、レイヤーパネルで描画モードを「オーバーレイ」かつ不透明度を80%にすると完成です。

retro30

黒い縁のレイヤーに対し描画モードをオーバーレイ、不透明度を80%にした状態

シャドウがかかってビンテージ風画像に

黒色の縁のレイヤーを他のレイヤーになじませると、いい感じにシャドウがかかってビンテージ風になったと思います。ベースとなった画像と比較すると一目瞭然です。

retro1

ベースとなる風景写真

retro33

完成した画像です

手順さえ踏まえれば同じクオリティの画像ができる

画像のビフォーアフターをこうして眺めるとPhotoshopってすごいなあと感じます。photoshopの素人でも手順さえ踏まえれば同じクオリティの画像を作れるのだから、すごい時代ですね。まだphotoshopを持っていない方で興味がある方は、以下のリンクから買ってみてはいかがでしょう。前編でも書きましたが、アドビ系のソフトはAmazonが一番買いやすくてお得だと思います。

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

新聞社の記者をしています。仲間との起業を夢見て、これまでに学んできたノウハウを記しておきます。現在、主に結婚新聞や企業・団体向けの広報紙を制作していますが「こんな紙面をつくってほしい」とのご要望にも随時お応えしています。