photoshopで肌を白く輝いた肌に修正

スポンサーリンク


結婚新聞製作サイトBANANABOATによる、新聞製作技術の一貫として載せている今回のphotoshop講座は、人物の肌を白く修正するテクニックを紹介します。以下の写真がベースとなる画像です。例によって、出典はpixabayからお借りしています。

hada0

ベース写真

トーンカーブで強く出ている色要素のみを下げる

これだけでも十分クオリティの高い画像なのですが、この人の肌をさらに輝ける透き通った肌となるように修正してみましょう。まず、画像の明るさを持ち上げることにします。上の画像は少しだけ赤みがかっていますので、トーンカーブのレッドの部分を少しだけ下げることにします。

赤みを抑えるためレッド要素のみ色を下げる

トーンカーブはベースとなる画像に直接補正をかけるのではなく、「レイヤー」パネルからレイヤーを新規作成した上で、トーンカーブのレッド要素のみを選択してカーブを少しだけ下に引っ張ります。

hada1

トーンカーブのレッド要素を少し下げて赤みをとりましょう

あまりレッド要素を下げすぎるとただの顔色が悪い人になるので、グリーン要素も同様に下げながら様子を見てみるのも良いでしょう。

肌を明るく白くする

肌の赤みを抑え気味にした上で、今度はトーンカーブのチャンネルをRGBに切り替えた上で中間色を少し押し上げましょう。

hada3

RGBチャンネルで中間色を持ち上げましょう

ハイライトを加える

今度は、レイヤーパネルからさらに新規レイヤーを追加して、ブラシツールを選択します。使うのはソフト円ブラシです。直径150px、硬さ0%、描画色は白色に設定して鼻筋や頬、唇などを白く塗ってみましょう。

スポンサーリンク

hada7

ソフト円ブラシで白く塗ります

白色のレイヤーにぼかしフィルターを入れる

このままではさすがに不自然なので、白いハイライトのレイヤーの不透明度などを下げて肌になじませましょう。「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」を選択して、ハイライトをぼかしに変換します。ぼかしの値はここでは一応60ピクセルに設定しています。

hada8

ハイライトにフィルターのぼかしをかけます

ここからさらに、不透明度を40%まで下げて、白色をより肌になじませます。

hada10

ぼかしフィルター加えてに不透明度を下げましょう

ぼかしをに不透明度を加えたことで、自然な感じになりましたね。もう少し不透明度のパーセンテージを上げてもよいと思います。肌に輝きや透き通った印象にしたい場合は、以上の手順を踏まえて試してみましょう。

warm20

photoshop elementsが4800円以上安くなるキャンペーンを展開中

現在、Amazonで2016年3月31日まで、「Adobe Elements 14」シリーズがAdobeストア参考価格より25%以上オフのキャンペーンを展開しています。通常価格は14,901円が、今なら10,081円で手に入れることができます。このチャンスを逃すことなく手に入れておきましょう。

スポンサーリンク


hada7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

新聞社の記者をしています。仲間との起業を夢見て、これまでに学んできたノウハウを記しておきます。現在、主に結婚新聞や企業・団体向けの広報紙を制作していますが「こんな紙面をつくってほしい」とのご要望にも随時お応えしています。