スポンサーリンク


プロ野球開幕前にシュールなドアラ

いよいよプロ野球も2017年のペナントレースが開幕です。春季キャンプが始まる頃は、ごひいきのチームはなぜか「今年は優勝しそうな気がする」と思ってしまいますが、オープン戦で選手の仕上がり具合を見て「やっぱり今年もダメかなあ」と落胆してしまう時期でもあります。

さて、そんな折に中日新聞や中日スポーツで、不思議な広告が出ていると野球ファンの間でにわかに話題となっています。それが以下の広告。中日ドラゴンズの人気マスコット「ドアラ」が登場しているのですが、シュールな広告なのです。

鯉に食べられる

広告が最初に登場したのは3月27日付で、鯉に食べられているドアラ。

カープ,ドアラ,広告

コイ(カープ)に丸のみされるドアラ

星が頭に刺さる

翌3月28日付には飛んできた星が頭に刺さっています。

ドアラ,ベイスターズ,広告

ドアラの頭に星(ベイスターズ)がささる

トラに尻尾をかまれる

続いて3月29日付はトラに尻尾をかまれています。

ドアラ,タイガース,広告

ドアラの尻尾を噛むトラ(タイガース)

ツバメにつばまれる

3月30日付になると、ツバメの大群につばまれています。

スワローズ、ドアラ,広告

ツバメ(スワローズ)につつかれるドアラ

日本のプロ野球をちょっと知っている方ならすぐお気づきでしょうが、日替わりで登場しているのはセ・リーグ各球団のシンボルです。いずれもドアラが叩きのめされている様子が広告となっています。

前年はリーグ最下位…声高に優勝は叫べない?

広告のキャッチコピーは「ドアラのカタキをうって」。昨年の中日はリーグ最下位と辛酸を嘗めさせられる結果となりました。各球団にメタメタにやられた昨年の姿とドアラを重ねて見たファンも多いのではないでしょうか。そんな自虐的なメッセージが反響を呼んでいるというわけです。

広告は世間の空気を反映していると言われています。中日は2017年のオープン戦も一時最下位タイに転落する(最終的には12球団中9位タイ)など、この結果だけ見ると躍進を期待するにはちょっと無理があるかもしれません。さらに前年の成績も踏まえると、開幕を前にして「さあ今年は優勝だ!」などと声高に叫ばれても、あまり説得力がありませんよね。そんな世間の「空気」を察知して、このような広告になったのだろうと想像できます。

先日の「逃げ恥」全面広告といい、新聞媒体を使った広告クリエーティブに活気が見られます。オワコンと言われて久しい新聞も、アイデア次第では十二分に活躍できますし、読んでみると意外と面白いということを業界にいる人間として、ささやかながらアピールさせていただきます。

広告もカープ、ベイスターズ、タイガース、スワローズと続けば、最後はジャイアンツ。掲載順は開幕カードに合わせる形で選んだのでしょうか。そうなると、最後の広告デザインはどうなるのでしょうかね。広告なのに、なぜか期待してしまいます(笑)。

「巨人」に踏み潰される!ドアラをたすけて

(2017年3月31日追記)

最後の「ドアラ広告」が登場しました。予想通り「巨人」がでてきましたが、今回はやられているのではなく、「やられそう」な絵です。

今回だけ、なぜ「やられそう」なのか。その真意を勝手に深読みすると、2016年シーズンの中日は58勝82敗3分の最下位なのですが、唯一巨人にだけは勝ち越しているのです(13勝11敗)。だから、巨人にだけは「カタキをうつ」という表現は合わないと推測できます。

キャッチコピーは「ドアラをたすけて」。昨年は勝ち越したとはいえ、今年の開幕戦はアウェーで始まりました。絶体絶命のピンチを迎えたドアラを、いや中日ドラゴンズを助け(広告通り?開幕戦は惨敗…)に週末は東京ドームへ応援に行ってやってください(笑)

ドアラ,広告,巨人

3月31日付の「ドアラ広告」。「巨人」に踏みつぶされそうになっている絵だ

タカの「ツメ切った」ドアラもかちたい

(2017年5月30日追記)

開幕時だけと思っていたドアラ広告のキャンペーンはまだ終わっていませんでした。

2017年の交流戦開幕に向けて、新たな広告を発表。ドアラはタカ(ソフトバンクホークス)の爪を切ってしまったのです。

5月30日付の中日新聞に掲載された交流戦開幕の広告

5月30日付の中日新聞に掲載された交流戦開幕(対ソフトバンク)の広告

まるでタカを手なずけたかのように勝ち誇ったドアラ先生。開幕時とは打って変わって攻勢に転じています。

交流戦の開幕に望む中日ドラゴンズは2017年5月29日現在、セリーグ最下位です。開幕時の惨状から脱しつつはあるものの、肝心なところで勝ちきれない。そんな状態にファンの拳も上がったままなのではないでしょうか。

中日よ、このままやられてしまうのか。いや、ドアラも一緒に戦って反転攻勢だ。そんなメッセージが読み取れる広告です。これまでの結果を見ると、交流戦はセよりもパの方が圧倒的に強い傾向が見られます。今年はどんな結果になるのでしょう。

そして、明日以降の広告は、対戦順にワシ(楽天)、カモメ(ロッテ)、クマ(日本ハム)、ライオン(西武)となることが予想されます。がんばれドラゴンズ!がんばれドアラ先生!

イヌワシの「巣とった」と勝ち誇るドアラ

(2017年6月2日追記)

全国の中日ドラゴンズファン、そしてドアラファンのみなさん、お待たせしました!午前4時に朝イチで配達された中日新聞をソッコーで開いて新しいドアラ広告を撮影。今回は対東北楽天ゴールデンイーグルス用の広告でした。

今回のキャッチコピーは「巣とった」。イヌワシ(?)の巣で寝そべって占拠したことで勝ち誇るドアラ先生が描かれています。

突っ立ってるドアラとは一味ちがう脱力感も魅力的なのですが、個人的にはドアラよりも遠巻きで目が点になっているイヌワシ三匹のほうが可愛らしくて好きだなあと思ってしまいました。

三匹のイヌワシ(?)を前に巣を占拠するドアラ

6月2日付けの中日新聞より。三匹のイヌワシ(?)を前に巣を占拠するドアラ

カモメにパンは「あげない」!勝ちもあげないドアラ

カモメに囲まれながらもパンはあげないドアラ。勝ちもあげないのだ

6月6日付けの中日新聞より。カモメに囲まれながらもパンはあげないドアラ。勝ちもあげないのだ

(2017年6月6日追記)

スポンサーリンク

中日大好き、ドアラ大好きな全国のみなさんがこのページにたくさん来てくれてありがたい限りです。広告の新作が千葉ロッテマリーンズ戦に合わせて登場しました。

今度のキャッチフレーズは「あげない」。カモメたちがドアラの主食(年俸)であるパンを物欲しそうにじーっと見つめているのですが、ドアラは「あげない」。ドアラは欲しいものは独り占めしたいのです。中日の勝ちもあげません!

千葉ロッテの挑発ポスター(番外編)

千葉ロッテといえば、近年の交流戦はこのような「挑発ポスター」も話題になっています。「燃えろ!ドラゴン」は球団歌のタイトルとかけているのでしょうか。

こちらも大変面白いのではありますが、他球団向けのポスターは画風が全然違って、作風に一貫性がないのが大変残念だと思います。交流戦ではパリーグ2強の楽天とソフトバンクに勝率5割で終えることができたドラゴンズ。下位のロッテ戦だけに勝利を取りこぼしたくないところです。燃えよドラゴンズ!

千葉ロッテが交流戦・対中日用に作った挑発ポスター

千葉ロッテが交流戦・対中日用に作った挑発ポスター

猛牛を「こうふんさせた」と勝ち誇るドアラ

猛牛を興奮させて勝ち誇るドアラ

猛牛を興奮させて勝ち誇るドアラ(6月9日付け中日新聞より)

(2017年6月9日追記)

ドアラの広告シリーズも9作目。広告が紙面に登場する日は、おじいちゃんおばあちゃんのように早起きをして新聞受けをチェックする習慣ができました(笑)。今回もカード通り、対オリックス・バファローズ用の広告です。

広告の絵を見ると、闘牛士が使っているマントを持って「こうふんさせた」と誇らしげなドアラ。ただ、闘牛士のようにヒラリとかわすことが目的ではなく、興奮させることが目的なのはなぜでしょうか。

今回の相手、オリックスは交流戦では絶好調。中日も一時期に比べれば底を脱した感こそありますが、ドアラが興奮させた猛牛打線を華麗に封じる術はあるのでしょうか。週末も頑張れドラゴンズ!

熊を「お手させた」ドアラ

(2017年6月13日追記)

ドアラ広告シリーズも10作目と終わりに近づいてきました。今回の対戦相手は日本ハム。クマが出てくることは何となく予想はつきますが、どのように手なづけるのかに注目が集まります。

早速、中日新聞を開いてみると、なんとクマに「お手」をさせているではありませんか!反対の手には鮭があり、どうやら好物で手なづけたようです。

セリーグは広島・阪神を除けば下位4球団は交流戦でもほぼダンゴ状態。ヤクルトや巨人が記録的連敗で自滅する一方、5割近い勝率で踏みとどまっている中日は健闘しているといってもいいでしょう。交流戦も残り2カード。最後までがんばれドラゴンズ!

クマを手なづけて勝ち誇るドアラ広告

クマを手なづけて勝ち誇るドアラ(6月13日付け中日新聞より)

ドアラ広告シリーズ完結?最後はレオを「じゃらした」

(2017年6月17日追記)

中日新聞に掲載されたドアラ広告も今回で全球団の掲載が完了しました。交流戦最後の対戦相手は西武ライオンズ。勇猛なライオン(レオ)をドアラがどう手なずけるかに注目が集まります。

レオを猫のようにじゃらしたドアラ(中日新聞より)

レオを猫のようにじゃらしたドアラ(中日新聞より)

はい、ドアラはライオンを猫じゃらしで手なずけました。脇にはライオンの親子。相変わらず目が点になっているキャラクターもかわいく、子どもも猫じゃらしに手を出しそうになっています。

交流戦ではオリックス、日ハムに負け越して失速気味のドラゴンズ。ペナントレース開幕からもったいない負け方が続くだけに、竜党はさぞかしほぞをかんでいるのではないでしょうか(私もそうです)。パリーグの強豪と対等に戦った交流戦の序盤の勢いを取り戻してぜひとも昇竜してほしいものです。頑張れドラゴンズ、頑張れドアラ先生!

中日新聞に掲載されたドアラ広告の全て

中日新聞に掲載されたドアラ広告の全て

「なんか来る」中日スポーツのオールスター告知広告にドアラ登場

(追記:2017年7月12日)

交流戦も終わり、ドアラ先生の広告も終わりを告げました。毎朝、早起きして家に届く中日新聞をめくっていたのが懐かしい…と思ったら、ドアラ広告が再びやってきました。

中日スポーツに掲載されたドアラのオールスター広告

中日スポーツに掲載されたオールスター告知広告。ドアラ先生が復活だ!

「なんか来る」と振り向くドアラの背後に他球団マスコットのシルエットが…。ナゴヤドームで7月14日に開催されるオールスターゲームの告知でした。

画像というか新聞がしわだらけで恐縮です。実はまだ中日スポーツにしか掲載されていないようで、近所の知り合いの家で撮影させてもらいました。

そのうち中日新聞にも掲載されたら、きれいな画像に差し替えます。

完売必死!?ドアラ広告のTシャツやタオルがドラゴンズショップで限定販売

そうそう、オールスター告知広告の右隅に掲載されていましたが、これまで紹介してきた広告がTシャツやタオルになってグッズになっているようです。

数量限定で手に入らず涙したファンも多いでしょうが、今回、オールスターの開催日(7月14日)に再び限定販売されるそうですよ。

場所はイオンナゴヤドーム前店のドラゴンズショップです。ナゴヤドームの売店ではありませんのでご注意ください。Tシャツ(11種類)が3000円、フェイスタオル(同)が2000円、シール(同)が300円だそうです(すべて税込)。

オールスターのチケットを持っていない方でもナゴヤドーム前店のドラゴンズショップなら入れるので、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。遠方の方は、オールスターゲームに行かれる身近な方にお願いするのも手です。

ただ、数量限定と書かれているので手に入れるのは困難かも。特に「ドアラも勝ちたい」シリーズは初のお目見えなので、人気が出そうですね。

ドアラ広告を作った人はどんなひと?

(2017年5月14日追記)

この話題になった広告を作ったのはどんな方でしょうか。そんな疑問に応える記事が、中日新聞に掲載されました(2017年5月14日付)。

新聞によると、制作したのは名古屋の広告制作会社「たきC1」のコピーライター都竹玲子さんと、デザイナー鷲見まゆみさん。

広告を制作するにあたって、お二人は以下のことを調べたそうです。

現状を把握することで、適切な広告を作れます。近年は最下位や5位と低迷していることをまず認識しました。

出典:中日新聞2017年5月14付、16ページ「マナビバ・ジュニア」

そこから思いついたことをノートに書いた結果、最終的に2案にしぼられたそう。

「最下位から優勝したら、ドラゴンズ史上初」

「最下位の球団をどう盛り上げ、ドアラで開幕まで楽しませるか。ドアラのかたきを選手にうってもらう発想で、面白さや前向きさを出しました」

出典:中日新聞2017年5月14付、16ページ「マナビバ・ジュニア」

当初のデザイン案ではドアラは逃げる姿だったのものの、資料を読んだら「懸命に走らない気がする」と方針転換。持ち味であるゆるさを前面に出した広告が完成したそうです。広告の掲載順はセ・リーグの2016年順位が基本らしく、最後だけ開幕戦である巨人の広告を持ってきたとのこと。

クセがすごいドアラのキャラを読み切った制作者の意図が、ヒット広告を生んだのですね。

スポンサーリンク


中日新聞に掲載されたドアラ広告の全て

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

新聞社の記者をしています。仲間との起業を夢見て、これまでに学んできたノウハウを記しておきます。現在、主に結婚新聞や企業・団体向けの広報紙を制作していますが「こんな紙面をつくってほしい」とのご要望にも随時お応えしています。