つまづき体験記:ネームサーバーって何?

スポンサーリンク


放置されていたサイトのリニューアルを任され、ローカル環境で制作したサイトを新しいレンタルサーバーで立ち上げるまでの過程(前回記事を参照)を書いています。前回はサイトのアップロードエラーをエックスサーバーのカスタマーサポートに頼って解決するところまできましたが、今度の敵は「ネームサーバー」です。

ドメインを変更したのに、表示内容は旧サイトのまま

旧サイトで使っていたロリポップから、引っ越し先のエックスサーバーに移転するため、ローカル環境のデータをエックスサーバーにアップロードが完了しました。続いて、エックスサーバーで保存された内容がサイトで反映されるように、ドメインの設定を行いました。エックスサーバーのサーバーパネルにログインした後、左上のドメイン設定からドメインの追加タブをクリック、これまで使用していた穂高クラフトのドメインを追加しました。

エックスサーバーのサーバーパネル

エックスサーバーのサーバーパネル

まだデータベースのインポートを終えていないので、サイトの内容が正常に反映されるとは思っていませんでしたが、ちゃんと接続できていれば何らかのアクションはあるはず。そう思って穂高クラフトのサイトにアクセスしてみたところ、表示されたのは旧サイトの内容でした。一体、どうゆうことなのでしょう。

エックスサーバーのドメイン追加画面

エックスサーバーのドメイン追加画面

旧サイトで取得したドメインのネームサーバーが古いレンタルサーバーとリンクしていた

今回も、エックスサーバーのカスタマーサポートにトラブルの原因を聞いてみました。エックスサーバーがWhois情報を調べてくれたところ「ネームサーバーがムームードメインのままでした」との報告をいただきました。ネームサーバーって何だろうと思い調べてみると、簡単に言えばドメインと使用するサーバーをつなぐ役割を果たすものだそうです。ドメインをムームードメインで取得していたため、設定がロリポップのサーバーとつながるように設定されていたということです。私はこのサイトを作るとき、エックスサーバーで一緒にドメインを申し込んだため、この設定がどうなっているのかを知りませんでした。

スポンサーリンク

BANANABOATのWhois情報

BANANABOATのWhois情報

他社で取得したドメインは移管しなくても利用できる

そこで、ムームードメインの情報も取り寄せて報告をサーバー情報を変更しました。ちなみに、ムームードメインで取得した情報はエックスサーバーをはじめ、他社サーバーでも利用できますが、ドメインを移管させようとするとお金がかかるようなのでこのままにしておきました。

メインのネームサーバーも変更

メインのネームサーバーも変更

それでも表示はまだ旧サーバーのまま…

サイトのデータをアップロードさせて、エックスサーバーにドメインも設定、ネームサーバーも変更。今度こそ新サイトの内容が反映されると思いきや、旧サーバーのトップページが映ってしまいました。今度は一体何が原因なのでしょうか。次回に続きます。

ユーザーの疑問にすぐ答えてくれるエックスサーバーは初心者にもおすすめ

今回も大活躍のエックスサーバーは、国内ナンバーワンの安定性を誇るレンタルサーバーとして知られています。月額料金は他社よりもかかりますが、初心者だからこそ聞きたい質問へのレスポンスが非常に早いため、お世辞抜きに助かっています。お試し期間もあるので、移行を考えている方は検討してみてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク


server

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

新聞社の記者をしています。仲間との起業を夢見て、これまでに学んできたノウハウを記しておきます。現在、主に結婚新聞や企業・団体向けの広報紙を制作していますが「こんな紙面をつくってほしい」とのご要望にも随時お応えしています。