結婚新聞の無料モニター募集中

スポンサーリンク


(追記:2017年4月12日にリライト済み)

現役記者が作る結婚新聞(ブライダル新聞)制作サイト「あなたの新聞(旧・BANANABOAT)」をお読みいただき、誠にありがとうございます。

記者が一から書いて編集する新聞

誕生して間もない当サイトは現在、認知度向上のため、制作費が無料で新聞を作ることができる紙面モニターを募集しております。

お申し込みは、お問い合わせページからお願いいたします。

当サイトを宣伝していただけることが条件

記者として身内向けには何度となく作ってきた結婚新聞ですが、身内以外の方を対象に取材、編集した経験が薄いため、経験を積む意味とサイトの存在を知ってもらう意味で今回のモニターを実施しています。

先に「結婚新聞、お祝い新聞の制作費が無料」とうたいましたが、「取材費、編集費が無料」という意味であり、取材地まで出かける交通費や、印刷費はお客様負担となりますので、あらかじめご了承ください。

また、「あなたの新聞」の活動維持費として年間契約で導入しているソフト代金の一部のみ負担させていただきます。それほど高い金額ではありませんが、料金は非公開にしていますのでお問い合わせページから質問してください。

3タイプから希望の紙面が選べます

 

紙面は一般紙、英字新聞、スポーツ新聞風の3タイプに分けられます。お好みの紙面をお伝えいただければ、希望に合わせて取材や編集を進めます。詳しくは作品例ページをご覧ください。

活動できる記者は現在、中部地方在住です。「制作を依頼したいけど、遠方なので交通費がかかりそう」と思われる方、安心してください。メールで電話のみでのやり取りも可能ですので、別途ご相談ください。

なお、制作品はfacebookやtwitterで当サイトや作品を紹介するなど、当サイトを広く世に知らしめる活動にご協力いただけたらありがたく思います。

スポンサーリンク

紙面モニター概要

  • 新聞制作費は無料(記者の交通費、紙面の印刷費は実費がかかります)
  • 作品の著作権は当サイトに帰属します
  • 作品や当サイトの存在を積極的に宣伝、発信していただける方
  • 少なくとも配布日の2カ月前までにはご依頼ください

注意点:反社会的勢力、犯罪目的での依頼は固くお断りさせていただきます。また、制作物が原因によるトラブルは一切責任を負いません

余興に困っている方にはぴったり

現在の活動は起業への布石ですので、今のところは非営利です。制作費が無料なので、もちろん利益はゼロです。

これから結婚式や披露宴を挙げたいのだけれども、余興に困っている方や、場つなぎに何か「飛び道具」が欲しいという方に、結婚新聞はぴったりです。

また、披露宴はお金がかかるので、余計な出費は避けたいと思う方も多いでしょう。披露宴のビデオやカメラマンも数分、数時間で数万、数十万円というお金が吹っ飛ぶものです。

他の結婚式サービスよりも格段に安価

それに比べて、今なら当サイトで結婚新聞を申し込めば、制作費はキャンペーン中の現在なら無料です。新聞の印刷費もコンビニのコピー機を利用すれば、片面80円のカラー印刷の両面刷りで1枚計160円×部数で済みます。ネットで印刷業者に依頼すれば、100部が約1万円ちょっとで済みます。

数分で数万円が飛ぶ結婚式のサービスの中でも、結婚新聞は思い出に残り、かつとても安価なサービスだと自負しております。

新聞ルールを知り尽くした記者が制作

新聞のルールを知り尽くした現役の新聞記者、そして編集者が作るため、しっかりとした作品に仕上げられる自信もあります。他のサイトに見られるデザイン会社が作る「偽物の新聞」とは全く違う次元でのクオリティーをお約束します。

子供や長寿のお祝い、受験、部活の活躍も新聞にします

用途は結婚新聞に限ったことではございません。例えば、お子さんが生まれた喜びを新聞にしたいとか、七五三、運動会での活躍、受験に合格、部活動での活躍、長寿のお祝いなど、多彩な場面で利用していただいても結構です。

ドラマは誰の人生にもあるので、新聞にできないネタなどありません。自分が生きた証を残したいと思った方、ぜひ当サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

新聞社の記者をしています。仲間との起業を夢見て、これまでに学んできたノウハウを記しておきます。現在、主に結婚新聞や企業・団体向けの広報紙を制作していますが「こんな紙面をつくってほしい」とのご要望にも随時お応えしています。