結婚新聞(ブライダル新聞)はペーパーアイテム?

スポンサーリンク


2017年1月末に、新聞製作費無料キャンペーンの依頼があったご夫婦のアンケートにあった一文が気になったので紹介します。

結婚新聞とは「作品」である

英字新聞風の結婚新聞サンプル

2016年12月に制作した英字新聞風の結婚新聞

結婚新聞について一般の方々はどう思っているのか気になり、私は以下の質問をしました。

サイト管理人
結婚新聞とは、普通の人々の感覚からして、披露宴の中ではどのような位置づけなのですか?
依頼者
結婚式の費用で、まず削られるのって、ペーパーアイテムだと思うんです。お花とか、ブーケとかはなかなか削れないから、ペーパーアイテムを手作りしたりする方向にする方が、周りでは多かったです。


これは一般論として当たり前なのかもしれませんが、結婚新聞は結婚式における「ペーパーアイテム」の一つとして捉えられているんですね。

新聞…確かに紙の制作物なのでペーパーアイテムと認識するのが自然でしょう。ただ、新聞は読まれるものなので余興、またはコンテンツの一環という認識でいたのが私の正直な見解です。結婚披露宴では冒頭やラストにビデオが流れますよね、あれと同じものと思っていました。

適当な言葉をあてはめるなら、結婚新聞はアイテムではなく「作品」なのではないでしょうか

この記事を書いている私は新聞社で記者も編集者も経験したことがあるので、自分の結婚式では結婚新聞は当然自作しました。また、レイアウトデザインも多少心得ているので、技術を応用してIllustratorで席次表や披露宴の招待状も作りました。モニターさんのいう通り、ペーパーアイテムは私もすべて手作りしていましたね。

席次表や招待状は、市販されている紙を利用すれば土台が立派なせいか、多少形が整っていなくても売り物のように見えてしまうのが不思議なところです。

しかし、新聞には「土台」がありません。白紙を全て自分自身で埋めるという作業は招待状や席次表のそれとは次元が違う作業です。

席次表は自分の席だけわかれば、あとは見る機会もほぼありませんよね。招待状も特に凝ったレイアウトは必要なく、名前と日時、場所さえわかれば十分ですよね。ちなみに、私は親しい友人向けにはPDFで作った自作の招待状をLINEで送りました(年配の方にはきちっと招待状を送付しています)。

結婚新聞はテンプレートを利用すれば簡単?

今まで制作した結婚新聞の数々

これまでに制作した結婚新聞の数々

結婚新聞を検討している人
結婚新聞もテンプレートがあるだろうから、それを利用すればいいじゃない

その通りです。テンプレートは、記事と写真を入れ替えればできあがるのですから簡単ですよね。それで納得できるのならそれでいいのですが、「世界一の結婚式にしたいので、内容にはこだわりたい」というカップルの要望には残念ながら答えていません。

スポンサーリンク

その課題を解決するには、やはりイチから作品を自作をする必要があるでしょう。では、結婚新聞を作るためだけに一から新聞の作り方を学ぶか、それとも誰かに依頼して作るか、という二択になると思います。

起業を考えている身として、私もサイトに出ている結婚新聞制作業者をいくつか見ましたが、全てがテンプレで一からオリジナルで作るという業者はゼロでした。新聞の制作を依頼したいと考えている方は、サイトいくつか見ているので薄々感じているでしょうが、既存の新聞制作業者はいずれもテンプレをあてはめて印刷代でもうけるというビジネスモデルを展開しているのです。

その点「あなたの新聞」は完全オリジナルレイアウトなので、細かい要望にも応えることができます。新聞の制作時間はテンプレの何倍、何十倍もかかります。本腰を入れて取り掛かってもA4の4ページを制作するとなると、1日ではとても作業は終わりません。

世界に一つだけのコンテンツ

2015年に制作した一般紙風結婚新聞

2015年に制作した一般紙風の結婚新聞(A4・中面)

我々の売りは、高品質なオリジナル紙面を届けること。世界に一つだけの新聞を、あなただけの新聞を作ること。それこそ、当サイトの生命線であり絶対的な強みなのです。

正直に言えば展開している無料キャンペーンなんてほとんどタダ働き同然なので、やりたくありません。しかし、本当のプロが作る結婚新聞を一人でも多くの方に知ってもらいたい。この地道な活動が「あなたの新聞ブランド」の育成につながると信じています。

先の質問で答えていただいたご夫婦は、実際に新聞制作費無料サービスを利用してこのようにも語っています。

サイト管理人
「あなたの新聞」に新聞制作を依頼した決め手は何でしたか?
依頼者
決めるにあたって重視した点は「コスト」でした。結婚新聞を無料、あるいは低予算で出来るものはないか探し、たどり着いた結果です。今では、プロが作ってくださった新聞のクオリティの高さに感動して、頼んで良かったなぁと心底思ってます。

結婚新聞を単なるペーパーアイテムと思って読んでいる方。これから自作しようか業者に依頼しようか迷っている方。みなさんの認識を覆すような「作品」を作り上げるのが、私たちの使命です。

結婚新聞の制作費無料キャンペーン展開中

「あなたの新聞」では、引き続き起業前の新聞制作費無料キャンペーンを展開しています。新聞制作にかかる取材、編集費用が無料ですが、制作にかかる年間IllustratorとPhotoshop、有料フォント代の一部を活動維持費(5000円)としていただいています。起業前につき、非営利を掲げているため、ここから追加料金をいただくことはございませんし、制作途中のキャンセル料も発生しません。

なお、信頼性への担保として、活動維持費のお支払いは前払いではなく、作品のPDFデータと引き換えとなっています。

ただし、格安で引き受ける代わりにFacebookやTwitterで当サイトの宣伝をしていただくこともご応募条件の一つとなっております。私たちは、料金よりもむしろこちらを重視しております。

ソフト代については、アンケートでも「金額を出した方がわかりやすい」とアドバイスをいただいていますが、当サイトとしては将来を見越したブランディングの一環として金額は公表しておりません。強いて申し上げることがあるとすれば「ここまで作り込んでいるのにこの値段でいいのか」という価格です。

ご興味のある方は、作品例よくある質問をご覧の上、お問い合わせからアクセスしてください。

スポンサーリンク


写真を全面配置した結婚新聞レイアウト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

新聞社の記者をしています。仲間との起業を夢見て、これまでに学んできたノウハウを記しておきます。現在、主に結婚新聞や企業・団体向けの広報紙を制作していますが「こんな紙面をつくってほしい」とのご要望にも随時お応えしています。