サイトのURLを変えるには?

スポンサーリンク


今回は、サイトのURL(アドレス)の変更に挑戦してみました。

URLの変更といっても、banabo.netから別のURLになるわけではありません。

今まではbanabo.net/wordpressがサイトの入り口でしたが、/wordpressを取り払ったアドレスをトップページにしました。その方がサイトの入り口っぽいですしね。

そこで、wordpressで同じ悩みを抱えた方向けに対策を書いておきます。

1.サイトアドレスを変更

ダッシュボード(編集ページトップ)の「設定」→「一般」から一般設定に入ります。

サイトアドレス部分は、WordPressアドレスと同じURLになっているはずです。
(※私の場合は最初の設定でwordpressにしただけであり、wpという名称にするなど、人によって設定はまちまちです)

間違ってもWordPressアドレスは変更させないでください(戻し方はあるようですが、今回は割愛します)。

url-change-1

アドレスの変更が完了したら「変更を保存」にします。

2.index.phpをルートディレクトリ直下にコピー

これで晴れてトップページのアドレスがbanabo.netに…と思ったら、そんなに甘く無いのがWordPress。

このままでは何の変化もありません。

次に、アップロードしたWordPressファイル内にあるindex.phpをコピーして、ルートディレクトリの直下にペーストしてください。開いてください。私の場合はDreamweaverで開きました。

ルートディレクトリの表示はレンタルサーバーによって異なるようですが、私はエックスサーバーを使用しているため、アドレス/public_html/となっています。

url-change-5

注意したいのは、ファイルの移動ではなく、あくまでルートディレクトリにコピーするということです。2つindex.phpが存在することになりますが、wordpressフォルダ内のindex.phpが消えるとエラーの原因になるようなので注意が必要です。

スポンサーリンク

3.ルートディレクトリ直下のindex.phpを修正

コピーが終わりましたら、コピーしたindex.php(ルートディレクトリ直下の階層にある方)を開いてみましょう。

index.phpファイル内の最下段をみてみると、「/wp-blog-header.php」と書いてあります。この「/」部分の前に「/wordpress」を付け加えましょう。

url-change-2

4.サイトのトップページが変更されている!

おそるおそる変更後のサイトのアドレスを開いてみると…。

url-change-4

見事に変更後のアドレスがトップページとして表示されました!

ちなみに、旧アドレス(banabo.net/wordpress)はどうなったかと言いますと…。

url-change-3

アクセスはできるものの、コンテンツが何も表示されない状態となりました。詳しいところまではわかりませんが、アクセスできる最初の入り口(index.php)を変更したため、行き場を失っているのでしょうか。なにはともあれ、悩んでいるみなさんの解決の一助になればと思います。

スポンサーリンク


index.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

新聞社の記者をしています。仲間との起業を夢見て、これまでに学んできたノウハウを記しておきます。現在、主に結婚新聞や企業・団体向けの広報紙を制作していますが「こんな紙面をつくってほしい」とのご要望にも随時お応えしています。