結婚新聞の製作費無料キャンペーン展開中

スポンサーリンク


「あなたの新聞」(旧・BANANABOAT)では、新聞社で経験を積んだ記者や編集者が結婚新聞をつくるサービスを展開しています。

正式な起業前ということもあり、当サイトがつくる新聞のクオリティーを皆さまに知ってもらうため、制作費無料キャンペーンを展開中です。

取材と編集費用が無料

今まで制作した結婚新聞の数々

これまでに制作した結婚新聞の数々

新聞製作モニターは基本的に無料となっています。無料に含まれるのは、取材と編集に伴う費用のことです。これ以外に、活動維持費として当サイトが編集に使っているソフト(Adobe社のIllustratorやPhotoshop、有料フォントなど)の一部負担金として5000円のみいただいております。

一方、記者の派遣に伴う交通費や新聞の印刷費用(詳細は過去の記事にて紹介)は依頼者様の負担となりますのでご注意ください。

記者の出張について

派遣可能な記者は、現在名古屋在住です。名古屋から遠方まで行くには時間と費用がかかりそうな場合は、ご相談いただければメールやLINEなどでのやり取りが可能ですので、お気軽にご連絡ください。

評判を広めてほしい

「タダより高いものはないのでは…?」。そう考えてサービスを怪しむ方もいるかもしれませんが、制作費が無料の代わりに宣伝をしてほしいだけなのです。

現在は記者という本業もあるので、非営利でサイトを運営しています(サーバー代などの活動費を稼ぐために広告は載せています)。ただ、モニターをお試しいただいて、結婚新聞のクオリティーが気に入っていただけたら、より多くの方にサービスを知っていただけるために評判を広めてほしい。それだけが条件です。

具体的には、当サイトのfacebookページに「いいね」を押していただけたり、ご自身のSNSでサイトをご紹介いただけたりしたらと思います。あくまで将来の事業化のための活動ですから、制作費を無料で作る代わりに宣伝をお願いしたいのです。

結婚新聞は新聞業界で生まれた風習

英字新聞風の結婚新聞

2016年12月に制作した英字新聞風の結婚新聞

写真を全面配置した結婚新聞レイアウト

2014年9月の結婚新聞(裏面)

もともと、新聞業界では結婚式に合わせて同僚のお祝い新聞を作るという風習があり、その文化を世間に広めたいと思って始めました。しかし、昨今では少子化や人口減少に伴い、結婚機会の減少や結婚式を挙げない選択や費用を抑えたいと考えているカップルも多いようです。

結婚式を安く済ませたい方にはぴったり

結婚新聞の制作を依頼した方々は、以下のような悩みを抱えていました。

スポンサーリンク

静岡県、32歳男性
結婚式の費用を安く済ませたいけれども、式の間をつなぐための余興的なものも欲しい

そんな時こそ、結婚新聞の出番です。式が始まるまでの間に二人の馴れ初めを知るための読み物としても有効ですし、持ち帰って他の方に見せることもできます。

東京都、31歳男性
職場で新聞が回覧となるほどの盛況ぶりでした

結婚式ともなれば、職場の親しい方も参加されるでしょう。翌日になれば、式でもらった新聞をみんなで読み合って話のネタになること間違いなしでしょう。

札幌市、28歳女性
結婚式に参加できるかどうか、長時間の外出ができるかどうかいまはまだわかりませんが、体調の芳しくない祖父にも、馴染みのある新聞という形で、結婚式を報告できたらと思っておりました

もちろん「式は挙げないけれども、結婚を周囲に報告したい」という方にとっても、新聞を配布するだけで楽しく読んでもらえると思います。式に出席したいけれども遠方で出席できない親戚や、体が不自由な方でも新聞形式であれば楽しんで読んでもらえるのではないでしょうか。

多彩な紙面展開が可能

また、結婚新聞以外の依頼でもお引き受けします。例えば、過去の案件では「母の還暦祝いに新聞を作ってほしい」という依頼がありました。取材に出向かずとも、メールやLINEのようなチャットツールを駆使して記事を完成させ、そして現役の新聞編集記者(整理記者)がレイアウトを担当しますから、新聞と遜色ないクオリティーを実現させることができます。

還暦のお祝い新聞の他にも、子どもが産まれた、少年野球で優勝した、などのお祝い事であればジャンルは問いません。また、一般紙やスポーツ紙風といった多彩なレイアウトが可能なので、これまでの作品も参考にお問い合わせください。

基本構成はA3の裏表、またはA4の4ページ

基本的に紙面はA3の裏表2ページ、またはA4の表と中面の4ページ仕立てで製作しています。内容を多く掲載したい時は小ぶりになりますがA4の4ページで、ダイナミックに作ってほしい時にはA3の2ページとなっています。レイアウトに関しては我々にお任せしてほしいところですが、特別なご相談があれば可能な範囲でお引き受けしますので、遠慮なくお申し付けください。

お問い合わせフォームから応募

最後に注意点ですが、反社会的勢力の方からのご依頼はお断りさせていただいております。また、製作物に関しての著作権は「あなたの新聞」のものとなりますので、完成物はホームページに掲載されることもあり得ますので、ご了承ください。もちろん、お名前など個人情報の部分に関してはモザイクをかけるようにしていますのでご安心ください。

お申込みはトップページのお問い合わせフォームより送信ください。できるだけ早くお返事させていただきますが、サイト管理者も本業がありますから、多少遅れてしまう可能性があることをお許しください。

配布日の2カ月前に依頼

新聞製作には取材などのやりとりや編集に時間がかかるため、製作に2週間はかかります。本業の傍らの製作作業となりますので、最低2カ月ほどの余裕はいただけるとうれしいです。また、依頼の混み具合によってはそれ以上のお時間を取る場合もあります。興味がある方は、余裕を持ってお申込みください。

製作スピード向上により、1カ月前の依頼でもOK

(2017年4月1日追記)

おかげさまで結婚新聞の制作費無料モニターも多くのお問い合わせ、ご依頼をいただけるようになってきました。サイトの管理人兼製作者も仕事をこなすうちに製作スピードがより上がってきました。

そこで、製作のご依頼を最低2カ月から1カ月前に変更させようと思います。作品の依頼が集中していない時期であれば、急げば1週間程度でも製作できるので、あきらめずに一度お問い合わせいただけたら幸いです。

[/col2]

スポンサーリンク


2016年12月に作成した英字新聞風の結婚新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

新聞社の記者をしています。仲間との起業を夢見て、これまでに学んできたノウハウを記しておきます。現在、主に結婚新聞や企業・団体向けの広報紙を制作していますが「こんな紙面をつくってほしい」とのご要望にも随時お応えしています。