つまづき体験記:WordPressにおけるデータベース接続確立エラーの原因

スポンサーリンク


依頼を受けてローカル環境で新しいサイトを製作したものの、設定で手こずった経験をブログに書き留めておく「つまづき体験記」。今回は旧サイトで契約したドメインを、新しいサイトのデータのアップロード先となっているエックスサーバーにつなげるため、ネームサーバーの設定を行いました。しかし「データベース接続確立エラー」の表示が出てしまいます。

WordPressでサイトを作るならMySQLに対応しているレンタルサーバーを

WordPressのようなコンテンツ・マネジメント・システム(CMS)は、更新機会の少ない固定ページだけでなく、頻繁に更新を行うブログもメーン機能の一つとして備わっています。これらの投稿記事やコメント、設定などのデータを保管する「場所」を作る必要があります。これがデータベースなのです。ちなみに、サイトの見た目、外観に関するデータ(テーマと呼ばれています)は、データベースには含まれません。

エックスサーバーはWordpress専用プランもある

では、データベースはどこで作ればよいのでしょうか。それは、契約しているレンタルサーバーになります。Wordpressの場合、MySQLというデータベースを作る必要がありますから、これに対応しているサーバー業者を探しましょう。エックスサーバーはWordpress仕様のプランも設けているので、興味がある方はご覧ください。



データベース接続確立エラーの原因は、ローカル環境とアップ時のURLが異なるから

私の場合、ローカル環境でWordpressを動かしていたので既にデータベース自体は作成していたのですが、そのままネット上にアップすると「データベース接続確立エラー」となります。その理由は、簡単に言うとネット上にアップした時のURLとローカル環境のURLが異なるからであって、これを解決すればエラーは発生しなくなるはずです。

エックスサーバーの場合、MySQLはサーバーパネルのデータベースからMySQL設定を選んでサイト用に使うためのMySQLとユーザーを追加します。すると、phpmyadminには新しいデータベースができます。

データベース設定

データベース設定

MySQL設定

MySQLを追加しましょう

データベースのURLを書き換える必要がある

ローカル環境で設定しているデータベースのURLを書き換えるには、データベースを一度抜き出して、URL部分を書き出す必要があります。データベースを格納しているphpmyadminにアクセスして、データのエクスポート作業を行いましょう。全てのテーブルにチェックを入れて、エクスポートボタンを押します。次に「構造」の部分で「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTIONを追加」の欄にもチェックをつけます。

スポンサーリンク

テーブルの全てをチェック

テーブルの全てをチェック

DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTIONを追加

DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTIONを追加

抽出したプログラムをテキストエディタに貼り付け

一番下にある「実行する」を選ぶと、長文の文字列が登場します。これがデータベースを構成しているプログラムです。この中に含まれているURLを書き換える必要があるので、プログラムを全選択(ショートカットはcommandまたはctrl+A)で全選択してからコピーします。そして、テキストエディタにプログラムを貼り付けます。ここで注意したいのは、普通のメモ帳に貼り付けると文字のエンコードの都合でおかしくなる可能性があるので、フリーのテキストエディタをダウンロードして利用しましょう。私はMacなのでCotEditorを利用しています。エディタに貼り付けたプログラムはsqlファイルとして保存します。

CotEditorの場合、上部にある選択肢からエンコーディングとシンタックスを選択できるのでそれぞれUTF-8、SQLを選択しておきましょう。

SQLとUTF-8を選択

SQLとUTF-8を選択

抽出されたプログラムをコピー

抽出されたプログラムをコピー

テキストエディタにプログラムを貼り付け

テキストエディタにプログラムを貼り付け

テキストエディタの文字置き換えでURL変換は絶対ダメ

ここで、テキストエディタの文字置き換え機能を使ってURLを変換、といきたいところですが、この方法はおすすめできません。単純な文字の置き換えだけでは解決できない部分があり、プラグインが動かないのです。ネット検索をすると文字置き換えをするだけでできると紹介しているサイトもありますが、これは全員にあてはまるわけではありません。最も正確な方法はフリーで配布されているスクリプトを使って書き換えるという方法です。Search and Replace for WordPress Databases Scriptがある英文のページに飛ぶことができるので、カーソルを下に少し動かすとダウンロードできる赤いボタンがあります。

初心者ほどサポートが充実しているレンタルサーバー業者を選ぼう

WordPressでサイトを作るにはデータベースが必要であること、そしてデータベース言語「MySQL」に対応しているレンタルサーバーを選ぶことが大事です。私も初心者の域を抜けていませんが、初心者なりに感じることは、わからない知識が多いほどサポートの充実が大事になってくるということです。その点、疑問にすぐ答えてくれるエックスサーバーは本当に使いやすいと思います。次回は、スクリプトを使ったURLの書き換えを紹介します。



スポンサーリンク


データベース設定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

新聞社の記者をしています。仲間との起業を夢見て、これまでに学んできたノウハウを記しておきます。現在、主に結婚新聞や企業・団体向けの広報紙を制作していますが「こんな紙面をつくってほしい」とのご要望にも随時お応えしています。